集める(集客)⇒案内する(提案・融資する)⇒契約する⇒物上げ(販売物件を集める)⇒集める(集客)⇒案内する(提案・融資する)⇒契約する・・・・・の繰り返しが販売会社のスキームです。完売までのスピードに業績が2乗位に比例している感じです。悪いパターンは売れ残りの処理が長引き、販促費増大と売り上げの低迷の負のスパイラルです。販促費・時間など考えれば「値引き」してでも処分したほうがメリットがある場合がありますが、やりすぎると負のスパイラルの1部になります。
関連記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks






    最近の記事