5734785239_fc03050404_m.jpg 

https://www.flickr.com/photos/mrcacahuate/
幼児期の自分は周りの親戚や父母、祖父の愛情を受けていただろうなあと思います。

親にとっては初めての子供で祖父にとっては、同じ姓の初めての男の孫だからきっと大事にしてくれていたと思います。物心つく時も祖父は非常に優しかった、8人いる子供で同じ姓の孫は私と弟だけで、次の世代はうちの長男だけになりました。父と祖父、戦死した叔父さんと私たちの位牌は息子の手に委ねられるでしょう。仏壇は2万円程度の簡素なもので位牌が3つで一杯ですから私たち夫婦の位牌は判子の大きさにしようと思います。

仕事に忙しく子育てはゼロに近い私ですが、子供達の寝顔だけは楽しみで寝ている時に愛情を注いでいたので本人達には分からないでしょう。

電車で赤ちゃんや小学生の遠足帰りを見ていると子供の小さい頃を思い出します。父母、祖父の気持ちがわかるようになってきました。父(離婚)も祖父(死別)も再婚です、幸い私は面倒な離婚はしていませんが。

他人であれ身内であれ誰かに愛されたり愛したりするのはハッピーなことです。
関連記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



コメント

  1. 急に語り出すよねz
    大丈夫、寝ている間に注いだ愛情も、きっと届いていると思いますよ。

    ( 17:47 )

  2. たんちん | YuMuKjyA

    プライアさん
    当人もこのブログを見てるので、遠回しに感謝しろと言ってますねん。自分ながら回りくどいねえ

    ( 21:14 [Edit] )

  3. まあ僕も愛されていただろうなとは思っています。
    父親は仕事で帰るの遅いから記憶にはあまり残らないですよね。

    ( 00:07 )

  4. たんちん | YuMuKjyA

    招き猫の右手さん
    父は損な役回りです、毎夜子供の寝顔見ながら頑張らなあかんと誓ってましたよ。

    ( 06:18 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks






最近の記事