娘の旦那がアメフトの試合に出るので応援で娘が行く事になった、諸事情がなければ私も旅行がてらに行きたかった、荷物が多いので新大阪駅まで車で送くるだけになったが。若い頃にコーヒーの問屋に働いていた頃に納品で新大阪に来て以来で、送迎はされた事もない。しばらくの間、車に乗っていたら黒塗りの車やホテルの送迎車なんかが来た。旅行の時によく見る風景だが地元では意識してないので見るのは少ない、中国人のスーツを着た人たちが記念写真をとったりしていた、この人たちはマナーもよさそうで勝手にエリートかなあと想像した。

タクシーも沢山並んでいる、思ったより大阪にもビジネスマンが来ているようだ。ここだけ見ていると景気もよさそうに思う。若い頃の憧れは黒塗りの車で送迎され車内で新聞を読み、夜は高級料亭で芸者の帯を引っ張る、それは夢で終わった。

30歳の時は大阪湾に沈めれるリスクを負ってでも金が欲しいと思ったが、小銭を掴むうちにガッツもなくなった、その御蔭で今もブログをかけているのかもしれないなあz

追記:娘の旦那は最後の試合かもしれないので、全力で有終の美を飾って欲しい、頑張れ!
関連記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



コメント

  1. 命をかけるリスクは負いたくないなあ。良かったですね、今も生きてブログができて^^

    ( 19:58 )

  2. リスクはできるだけ避ける人生なので、たんちんさんのようなリスクからは縁遠い人生でした。私の場合は、黒塗りに乗るのは人生最後の時ぐらいですね。(^^;)

    ( 23:59 )

  3. リスク分散

    大阪湾に沈めれるリスクって
    東京湾に沈めれるリスクと分散しないとダメですよw

    たんちんさんはやんちゃだったんですね

    ( 07:03 [Edit] )

  4. 20代中盤までは同じようなビジョンを描いて、一発当てたいと思っていました。チキンなので大阪湾に沈むようなリスクは負えませんでしたがz

    ( 08:00 )

  5. たんちん | YuMuKjyA

    クロスパールさん
    30歳の時はそれでもお金が欲しかったんです。今では考えられないですが、若気の至りというやつですか。

    ( 08:21 [Edit] )

  6. たんちん | YuMuKjyA

    木更木義人さん
    私も黒塗りの車の洗車は何度もさせられましたが、乗せていただくのはラストでしょうね、怖〜。

    ( 08:22 [Edit] )

  7. たんちん | YuMuKjyA

    消費しないピノキオさん
    その時は命とやる気しかなかったんです。ゾーッとしますね、そんなシーンに出くわしたら逃げるんでしょうけどね。

    ( 08:24 [Edit] )

  8. たんちん | YuMuKjyA

    プライアさん
    ロシアンルーレットをしていたような、その気分に酔っていたと思います、今考えると方法はたくさんあったんですが短期決戦では選択肢がなかったんですね。

    ( 08:26 [Edit] )

  9. 親戚にプレイヤーがいるのはいいですね。
    僕は命を懸けるほどのリスクは取った事がないなあ。

    ( 22:24 )

  10. たんちん | YuMuKjyA

    招き猫の右手さん
    あの時は異常な考え方でした、他人との比較しかあたまになかったのです。自分が無かったんでしょう、株と不動産の損失で有り金1000万円がパーになりましたからね。

    ( 06:52 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks






最近の記事