去年も大腸内視鏡検査を受けました、次は胃カメラを受ける予定です、初春は身体チェック月にしています。

検査前の下剤ですが昨年と比べると楽で直ぐにいい状態(透明)になります、効きすぎるから水分補給するように注意されていました。検査は安定剤を服用するので寝た状態で苦痛はありません、起きていたら苦痛らしいです。ただし、安定剤は人により効きが緩い方もあるらしい。胃カメラもどうようの安定剤を使っていましたが、こちらは胃のひだが寝て検査しにくいらしいので鼻からの内視鏡です、これも人によって口からよりもきついらしい。

胃カメラとレントゲンの併用がおすすめです、スキルス癌はレントゲンが分かりやすいようです、判明しても生存率も低いので分かりたくありませんが。

耳鼻科でも内視鏡カメラで喉頭癌、咽頭癌の検査もします、鼻から入れます。

父、祖父が喉頭癌、食道癌だったので気になって仕方ありません、早期発見と言いながら検査レベルで発見は進行しています、初期とは偶然に別の手術で分かるような場合です。

無事に今年も終わりますように願います。

関連記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



コメント

  1. 退職したからもう会社の健康診断は無いですね。
    このままノー検診で寿命まで行きますw
    食事、運動、ストレス管理で頑張るだけですね。

    ( 17:11 )

  2. 凄いですね。たくさんやるんですね。
    私はかつてまだまだぶっとい胃カメラの時代にやってあの気持ち悪さ、そして苦痛がトラウマになってかなりの間やる勇気がありませんでした。周りからは管が細くなったよと言われても怖くて怖くてだめでした。でも3,4年前、食道に違和感があり、ついに胃カメラをしました。その病院は全身麻酔でやってくれて、気がついたときには終わっていました(当たり前ですが)。ついでにピロリ菌の検査までしてくれ、食道も胃も何もないと言うことでほっとしました。

    ( 18:23 )

  3. パルタ7 | -

    備えあれば憂いなし

    こんばんは。
    自治体が行う癌検診(※)は気休めに過ぎないので、やはり精密検査が重要ですね。胃は胃カメラ、大腸は内視鏡検査をしないと癌の早期発見は無理です。まさに備えあれば憂いなしです。
    (※バリウム飲んでレントゲン撮影&便潜血検査)

    私も昨年、胃カメラと大腸内視鏡検査を受け、取り敢えず異常なしで安心しました。本来なら毎年検査を受けたいのですが、保険適用外なので料金が高過ぎてちょっとキツイ。という訳で、当面2~3年に1回は精密検査を受けることにしました。本当は命にカネは替えられないのでしょうけどね。

    ( 21:45 )

  4. 聞いているだけで鳥肌が立ってきます・・・一生カメラを体に入れたりしたくないなあ。注射でさえ抵抗あるのに・・・。

    下剤飲んだりもするんですね。うーん、きつい・・。

    ( 07:40 )

  5. たんちん | YuMuKjyA

    招き猫の右手さん
    市町村の無料や安価なのごありますよ、それも受けています。検査は受かるとしても50歳からで十分だと思います、ご参考にして下さい。

    ( 14:04 [Edit] )

  6. たんちん | YuMuKjyA

    木更木義人さん
    私も初めて胃カメラを飲んだ時は拷問のようにおもいました。今はだいぶと楽です、その胃カメラも口からいれるのを4回ぐらいしましたが回を重ねるたびにコツのようなものを得て苦痛は軽減されました。

    ( 14:11 [Edit] )

  7. たんちん | YuMuKjyA

    パルタ7さん
    元々お腹が弱く、体調不良な時はお腹が特に気になら、その趣旨を伝えて検査してもらっています。違和感や気になる事があれば受診して、検査をの話を相談しては如何でしょうか。

    全く何もないピンピン状態ならダメですが、

    ( 14:16 [Edit] )

  8. たんちん | YuMuKjyA

    プライアさん
    ここは目茶目茶楽でしたよ、安定剤が効いている人なら寝てる間です、下剤も楽チン、いつでも、ご紹介しますよ。

    ( 15:18 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks






最近の記事