売主が二股をかけていて取引が延期、決済までは双方に解除権があるので合法です。実務では今日決済する予定なので明日から売り出すチラシ広告を入れています、設計は現地の寸歩を確認、解体業者は人夫や重機の手配、融資銀行や司法書士や仲介会社も予定している。これら全てに人のスケジュールが乱れます、取引が無くなれば準備の費用は無駄になり、あてにしていた売り上げも無くなります。


当社が関係者への他の件で連絡していなかったら建物の解体工事に明日、着工していた可能性があります。もししていたらと思うと..
会社ではEUどころの騒ぎではありませんでした。本当はEUのほうが影響力が大きいでしょうけど、それを考えるとも一つ疲れます、kこれに中国もあるし、先行きはいいことが少なそうです。


関連記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



コメント

  1. 中身はよく分かりませんが、大変な事態のようですね。

    マクロ(EU脱退など)は社会全体に影響しますが、超ミクロ(=個別案件)は当事者に限られますが、甚大な影響を及ぼしますね。うまく処理できればいいですね。

    ( 19:30 )

  2. 専門家なら、おおなるほど
    とわかるのでしょうけど
    素人なので、何のことかよくわかりません^^;

    大事とならなければよいですね。
    EUは大ごとのようですけど。

    ( 08:48 )

  3. たんちん | YuMuKjyA

    いろいろでセカンドライフさん
    決済=結婚、契約=婚約。
    今回は結婚式の日が30分前に延期になりました、相手は二股をかけています、婚約の時に結婚式が中止になった場合はどうするか決めていたので双方ペナルティーを払えば法的に問題なし。でも関係者は....私も関係者です。

    ( 20:03 [Edit] )

  4. たんちん | YuMuKjyA

    木更木義人さん
    誰も落ち度がないけど、信義則はどうなのか。私の責任ではないので、そんなに気にしていませんが結構大変です。

    ( 20:10 [Edit] )

  5. 半金の思い出

    そういえば仲介手数料の半金を契約時に
    取ろうとする仲介屋もいますよね

    ふざけるな と断ったことがあります
    決済完了までが仲介の仕事だろうと
    半金払いなど 断じてあり得ないと

    相手はすんなりと引き下がりました

    二股は信義則に反します 悪質です
    でも違約は手付け没収のはず ですよね

    ( 08:54 [Edit] )

  6. たんちん | -

    消費しないピノキオさん
    契約解除は手付金相当額、違約は違約金。
    よく似てますし、同じ扱いにしてる場合が多いですが、違います。違約金は10-20%,手付金は10%が多いですね。

    ご指摘も一理あります、不動産会社サイドでは契約時に半金は常識で全金の会社もあります。そのくせに業者が買う時は暗黙の了解で手数料は決済時です。

    ( 07:51 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks






最近の記事