5年以上前から部屋のクロスのつなぎ目からクロスが剥がれているところがありました。今回やった重い腰を上げて補修することにしました、理由は孫の小さな手に見つかるとそのわずかな隙間が恐ろしいことになるからです。

節約意識に乏しい時は築後10年になったらクロスは張り替えるものだからそこまで我慢すると言ってましたが、途中から修理して一生使うに変わりました。修理と言っても大したことなく親切にユーチュブまであるので方法はわかりました。出来栄えは経験を積むしかありませんから、めくれたら修理するを繰り返すだけです。

材料をホームセンターに買いに行ったら次いでに安い食器洗剤と洗濯洗剤、私のパンツも買いました。タイミングよく安く買えたのでラッキーだった。

手間をかけると誰でも安く買えたり修理できる、プラスなんだかんだ言いながらプラモデルが出来たような満足感もあるz
関連記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



コメント

  1. コーキングですね

    ( 18:44 [Edit] )

  2. 今の部屋に住んだとき、早くもめくれている箇所があったので、アロンアルファであわてて貼りました。

    小さい子供のいる家庭にいったとき、テーブルとか椅子とか、角という角すべてにゴムパーツをかぶせているのを見たことあります。
    ぶつかっても大丈夫なようにするんですって。

    ( 20:19 )

  3. たんちん | YuMuKjyA

    消費しないピノキオさん
    コーキングとクロス専用のりです。めくれてるところが硬くなってちょっと難しいですけど。

    ( 22:15 [Edit] )

  4. たんちん | YuMuKjyA

    招き猫の右手 さん
    うちの家にもたくさん貼ってます、実際に頭をうつんです。危険で気を使いますね。子供の時は無関心だったのに

    ( 22:17 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks






最近の記事