FC2ブログ


5107313070_1c13db0dd5_m.jpg


ゴルフの練習(誤った自己流スィング)で膝を夏ごろに痛めてそのままの状態が続いております。

ダンベルとゴルフの練習を一切やめて半年ぐらいたてば治りそうですが、再開すると元通りになるし、やめたくないので頻度や時間の短縮をしています。

それとダンベルの途中に膝を冷やしたり、ゴルフの練習はサポートをしたり、スィングを改造しております。

最近気づいたのは自転車に乗っている時や、ジョギングの時に腕に必要以上の力がはいっているので少し力を抜くと痛みがほとんどないことです。他にもジョギングの時に腰のあたりを少し力を抜いて骨盤を回すと膝への負担が軽くなったように感じました。

運動音痴の私は膝に限らず無駄な力をいろんなところにかけて体を痛めていたようです。

そんな私ですが超低速のジョギングで3キロ走れました、目標の5キロへ近づき喜んでおります。自転車と同じように超低速→低速(今ここ)→中速→高速へと進めたいものです。
関連記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



コメント

  1. パルタ7 | -

    健康に良い

    こんばんは。
    何かの本で読んだのですが、スロージョギングは身体も痛めず疲労もあまりなく、非常に健康に良いそうです。続けて下さい。やり方が悪かったのか、私は1回で太腿を痛めたのでやめてしまいました。

    ( 17:42 )

  2. たんちん | -

    パルタ7さん
    何となく良さそうでした。私も何度も痛い目に遭ってます。私の場合は短い距離で慣らしてほんの少しづつ距離を上げてます。ちょっとでも違和感があれば中止です。

    ( 20:01 )

  3. 私もチャリで長距離走り始めた時は常に手首が痛くて肩も凝り、ランを始めた時は膝を痛めて走れない時期が何度もありました。

    何事も慣れさえすれば余計な力が抜け、体に負担がかからなくなるようになって来ると思います。

    ( 23:14 )

  4. たんちん | -

    プライアさん
    コツを使うまでが悩みどころです。その壁を超えたら景色が変わるんでしょうねえ、今のところは少し明かりが射してきた感じです。

    ( 08:27 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks






最近の記事