FC2ブログ


28年落ちのジムニーのスピーカーの音が悪いので交換、簡単なはずが下調べが悪かったのか苦戦。

車側の二本の線のどちらを繋げても音が出るが
、プラスマイナスがある。間違ってたら音が出ないと知人が言ってたが。

説明書には間違えると発火の可能性もあるとの事、接続も簡単に繋げてテープだけではよくないらしい。知人は簡単にテープで良いと言ってたが。

仕方なくテスターとギボシ端子セットを注文。スピーカー本体とカバーの凸凹の解消のための台座作成に電動ドリルの歯、百均のまな板を買って作ろうとしたが挫折、もう一度コーナンに行きコルクを買ってカッターで何と完済。

スピーカーは2700円、取り付け材は4500円、泣けてくる。水曜に到着のギボシ端子を付けてテスターでプラスマイナスを調べる。

これならショップで工賃払った方が安上がりやった。余ったコルクはコースター作ったし他にも使えそう、ドリルの歯も欲しかったが、ギボシセットは使うことがあるのかどうか、テスターも使うかなあ、色々物が増えて置き場所もない。

良い音が出ればいいが、心配。ビビり音が出たらやり直し、修業は続く。
関連記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



コメント

  1. 何でも自分で挑戦してみること自体に価値があると思います。

    私もよくPCを自作しますが、線を逆につないでも動く場合は多いです。
    逆だと危険な線の場合は、物理的に接続できない仕組みになってます。
    でも28年前のだとそんな親切設計にはなってないでしょうねえ。

    ( 10:16 )

  2. たんちん | -

    プライアさん
    テスターで何とかプラスマイナスが分かりましたが、線同士を繋ぐギボシを専用ペンチでかしめるのが不慣れで上手く出来ませんが、何とかかんとか交換できました、音もますまずで合格点です。

    ( 13:13 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks






最近の記事