FC2ブログ


最近、知名度のあるかた2人より鑑定価格について同じような話をうかがいました。利用動機は税金対策で建物価格、①土地価格の按分による減価償却費②鑑定価格による減損価格です。どちらの場合も鑑定方法により金額の差が相当あるとのことです。鑑定者は依頼者の希望の金額を出し、税務署は丸のみするとのことです。お二人とも金持ちで、税金に非常に精通しています。しらないとそんなことを貧乏人は知らないのです。
関連記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks






    最近の記事