勝負に勝つには負けないことが一番であると、落合監督、羽生名人、孫子、チャールズエリスなどの本に書いてあります。会社では倒産しないこと、社員なら首にならないこと、人なら死なないことです。そして、間抜けでも勝てることをする。寝込みを襲う、内乱をおこす、寝返らせる、弱ってる時に攻める、油断させる、素手対武器などです。数多く小さく負けて一度だけ大きく勝つ感じです。うちの場合も強い相手に素手で喧嘩して負けばかりでしたが今は弱い相手に武器で戦う戦略に変えています
関連記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク








最近の記事