FC2ブログ





世間様はお盆休みなので、例年は暇ですが今年はボチボチ忙しいです。娘達は旅行に行っていまし、電車には家族連れやカップル、友人同士などでいっぱいです。不動産業は世間様の休みが繁忙期になります。平日が休みなので何処にいっても空いてますし、安く利用できす。病院や銀行、役所関係などにも行けて便利です。マイナス面は友人知人と休みが合わず疎遠になることです。私の会社の取柄は比較的融通が利くので土日以外なら、いつでも休める事です。

もう少し業績が上がれば、もっと融通が利くので、みんなで色々とアイディアを出し合って考えています。もちろん給与も上がるのですが、優先順位は自由度の方が上のようです。

お客さんの方は、情報弱者が減り皆さん、よく勉強されています。特に閑散期にくるお客様にはその傾向を強く感じます。秋に麦藁帽子を買う感じで、値段には物凄くシビアです。中身を知っているから遠慮がちになるせいか自分が客になった場合以上に皆さんシビアです。(私は私生活では駄目人間ですが、仕事上ではシビアな人間と思っています。思い込みかもしれませんが)

よく勉強してるお客さん VS 不勉強の不動産屋  
この絵図なら儲けも出そうにありません。例えは悪いのですが、「目明き千人盲千人」です。

勉強不足のお客さん VS ずる賢い不動産屋  昔からある理想的なパターンです。

私が目指すのは
頭の良いお客さん VS 何処にも無い情報を持っている少しの時間しか働かない不動産屋
これに少しでも近づければ皆ユックリと仕事をして生活出来ます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 スローライフ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アクセスランキング
関連記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



コメント

  1. prire | -

    何処にも無い情報を持っているのは最強ですね。
    客も賢くWin-Winの関係を築くことが出来れば、悪徳な不動産会社を自然淘汰することもでき、まさに理想的でやりがいありますね。

    ( 15:24 )

  2. スクリーニング

    その昔、不動産屋さんに一定の条件を提示して
    条件に見合う物件の一覧を下さいと無理を言ったことがあります

    都合よくスクリーニングとして利用しようとしたのですが
    夢は叶いませんでした

    じゃあ REINS を直接見せてよ っていったら、どうぞと言われ
    2時間くらい利用させてもらいました

    なかなか話のわかる不動産屋でした

    ( 17:13 [Edit] )

  3. ”何処にもない情報”というのは案外手に入るものなんでしょうか?それが継続的に可能なら無限の広がりを感じますね。
    ぜひ悪徳不動産会社を淘汰してもらいたい^^

    ( 18:01 )

  4. たんちん | YuMuKjyA

    オリジナル物件に定価の手数料を払ってくれる少数のお客さん相手に取引しようと思います。皆で休みを沢山取ってとそこそこの給与を稼ぐ予定です。

    ( 21:04 [Edit] )

  5. たんちん | YuMuKjyA

    消費しないピノキオさんへ
    手数料を半額にしている不動産会社に会員登録をすれば会員サイトからレインズの情報が見れるところが多いです。Googleストリートビュー付きで載せています

    ( 21:10 [Edit] )

  6. たんちん | YuMuKjyA

    クロスパールさんへ
    情報獲得が1番難しいです。情報獲得したら仕事は90%終わりです。売主さんの手数料を半額にしたりして優遇して集めています。多く集めるのは大変ですが、自給自足分ならokです。

    ( 21:16 [Edit] )

  7. ありがとう

    これはとても貴重な情報です
    どうもありがとうございます (人´∀`)

    ( 06:38 [Edit] )

  8. たんちん | YuMuKjyA

    prireさんへ
    賢いお客さんとの取引が出来ないと未来は暗いです。コスト削減とオンリー物件で、ノンビリと仕事出来ます。労働時間が半分になりセミリタイヤが出来ます。

    ( 07:05 [Edit] )

  9. いろいろでセカンドライフ | -

    いつもながら、コメント欄含めて
    勉強になります。

    REINS かぁ。
    みられる不動産会社に会員登録してみよう

    ( 16:22 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks






最近の記事