35年ほど前の喫茶店を自営していた頃の話しです。その喫茶店は市場を主とした下町で、食品加工会社や飲食店、商店街、住宅、ヤ○ザ事務所が混在した場所にありました。当時はバブルの最中で何処も賑やかで活気がありました。

お客さんは市場関係の常連の方が多く、だいたいの顔ぶれは決まっており、座る場所や時間、注文するものは同じです。15坪程度の店なので、お客さん同士の話は良く聴こえますし、カウンターに座り声をかけられたりもしました。

あれは、夏場だと思います。近くの居酒屋兼お好み焼きの大将がいつものように元気にはいってきました。小柄な人で年は50歳台で、父と同じような年でした。当時の世相がそのまま抜け出たような格好をいつもしていました。三宅一斉かどこかのブランドのサマーセーターの上にわざわざ、見えるように首から金の分厚いネックレスを外につけていました。腕には金のブレスレットです、中国人の成金のように、付けている物と釣り合いが全くとれておらず、滑稽に見えました。

当時の喫茶店のコーヒーは280円です。いくら売っても私にはそんな物は買えません。(その当時は、よく節約していました)羨ましさや商売の儲けで負けている劣等感で一杯でした。飲み物の注文も「ご注文は」と聞くと、当時話題だったエイズをネタにして「エイズ入りのコーヒー」と注文されて「このおっさん、かなり調子に乗ってるなあ」と思っていました。一緒に来た同年代のスキンヘッドの大柄な男はどう見ても、その筋の方でした。ええカッコして連れてきたのかなと思っていました。二人は普通に話しをして出て行きました。

数時間たって今度はしっかり者の少し綺麗な奥さん(娘さんも綺麗で、そこの所も少し気に入らなかったのですが)と店に来て奥さんが「さっきの人、知ってる人?」と険しい顔で聞くので「初めての人です」と答えました。そのおっさんはスキンヘッドと親しく喋っているように見えたのですが、どうやら、パチンコ屋で因縁をつけられて喫茶店に連れて来られたようです。自分の子供のような奴に助けを呼ぶのも恥ずかしく、スキンヘッドの男のいいなりなって自慢のネックレス渡したようです。本人曰く、まるで魔法にかかったように抵抗感も無く自ら相手に手渡してしまったらしいです。そんなはずは無く、この後におよんでも、まだええカッコしていました。

最初は自業自得と心の中で笑っていましたが、場所が自分の店の中なので共犯者的に思われたり、危ない店と思われたり(実際に今振り返ったら危ない店です)と迷惑な話です。そのおっさんは二度と店にこなくなりました。私は客も減って評判も下がり踏んだり蹴ったりで、災難です。数年前にも同じような顛末で50万円を失いました。どうも私は嫌な相手に災いをもたらして、自分にも災難をもたらす能力があるようです。今はこの能力は完全に封印しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 スローライフ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アクセスランキング
関連記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



コメント

  1. prire | -

    うーん、意味わかんない。
    バブル時代だから金品の価値が低かったのか、スキンヘッドの話術が巧みだったのか・・・?今の時代からは想像もつかない出来事ですねえ。

    ( 21:53 )

  2. 魔術師

    実際、魔法にかかった感じだったんでしょうね
    相手にとってはシナリオとおりだったんだろうな

    ( 23:11 [Edit] )

  3. たんちん | YuMuKjyA

    prireさんへ
    おっさんの話は、みんな不思議がっていました。

    ( 06:24 [Edit] )

  4. たんちん | YuMuKjyA

    消費しないピノキオさんへ
    調子に乗ったおっさんはスキンベッドからは絶好のターゲットだったと思います。

    ( 06:44 [Edit] )

  5. 隠居おやぢ | -

    今思えば、当時はビックリするようなファッションの人が街を闊歩してましたよね。
    当人は「イケテる」と思っている風でしたが、明らかに不釣合いで滑稽な感じすらしました。


    たんちんさんの恐るべき能力は封印したままにしといて下さいね。
    間違えても、天王寺・阿倍野方面へ念を送らないように!
    そうでなくても、胡散臭い人がいる街ですから!

    ( 19:06 )

  6. たんちん | YuMuKjyA

    隠退おやぢさんへ

    他人が困るような事は考えないようにしています。天に吐く唾は自分に降り掛かります。

    ( 21:20 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks






最近の記事