FC2ブログ


300px-Yamato_Trial_1941.jpg 
30年前に喫茶店を自営していた時のお客さんに、「戦艦大和の副長」の能村次郎さんがおられた事は、密かな自慢です。当時80歳ぐらいのお年でした。喫茶店の近くにある寺に来た帰りに寄って頂きました。ご夫婦と同じ位の女性と3人で毎週のように来て頂いておりました。

戦争当時の話を聞くのが楽しみでした。中国に赴任中、街中を歩く時はズボンのポケットに小型銃を握りながら手を入れていたらしいです。何かの酒席には何百と言う部下が酒をつぎたがり、大変だった話などをしていただきました。

ご夫婦と連れの女性の話を聞いていると、40年前が昨日の事の様に話しておられました。能村さんが冗談話をすると、連れの女性が「そんな事を言っていると英霊に笑われますよ」時は止まっていました。世間はバブル前の時代です。私の方も話を聞いているうちに40年前の感じになり可笑しな感じでした。

気が付けば、来店も無くなり、淋しくしていたのを思い出します。一番聞きたかった大和の最後の話は聞けませんでした。ご自宅までお伺いして秘伝の梅酒を頂いたこともありました。人生の最後は大和の慰霊碑関係の寄付金集めをされていたようです。






      ↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   にほんブログ村




西村友禅彫刻
「ぬくもり、安らぎ、和の心」を与えてくれる友禅彫刻の技法を駆使し、山伏の心を込めて彫り上げます。京都市「未来の名匠」認定、京都の工房、パリ出展 【西村友禅彫刻】
スポンサードリンク
関連記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



コメント

  1. 一緒に時代を経験することはできませんから
    せめてお話をたくさん伺えればよかったのでしょうか。

    当時の方から直接おはなしうかがえる機会が、ほとんどなくなりました。
    私が子供のころは、周りにたくさんいらっしゃったのですが・・

    ( 16:05 )

  2. 大和も最後は沈没したんですよね。
    そのへんのお話は私も興味があるので、ぜひ聞いてみたかったなあ。

    ( 16:06 )

  3. たんちん | YuMuKjyA

    軍服

    いろいろでセカンドライフさん
    そうですね、小さい時に近く商店街には片足が義足で軍服を着てアコーディオンを引いてる方がいました。

    ( 17:19 [Edit] )

  4. たんちん | YuMuKjyA

    最後の時

    プライアさん
    副官は報告義務があるらしく救命ボートで帰還したらしいですが、それ以上は聞けませんでした。戦争映画で溺れかけた人がボートに近づくと沈没を防ぐ為に近づいた人をオールで殴ったりしていましが、そんな修羅な状態だったのかもしれません。

    二度もコメントありがとうございます。

    ( 17:24 [Edit] )

  5. 学生時代に居酒屋でバイトしてたときに、意外な有名人と知り合うことがありました。
    もっとも僕は厨房にいたので、そう話す機会は無かったのですが。

    ( 01:19 )

  6. たんちん | YuMuKjyA

    招き猫の右手さん
    新日鉄のバスケットボールの選手がお客さん出来てたことがあります。私以外はみんな知ってたようですが背の高い人だなあと思っていました。有名人は珍しいから面白いですz

    ( 08:17 [Edit] )

  7. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 16:04 )

  8. たんちん | -

    Re: タイトルなし

    > はじめまして。中央公論新社という出版社に勤務しております福岡と申します。
    >
    > 事情がございまして、能村次郎さんのご遺族を捜しております。
    > 水交会などの関係諸方面を当たってみたのですが、まったく分からないのです。
    > ご自宅のあった場所だけでもご教示いただけませんでしょうか。
    >
    > いきなりブログでのコメント、ご迷惑は重々承知しておりますが、ご協力頂ければ幸いです。
    > よろしく御願い申し上げます。


    ブログに書いてある様に25-27前に店であったのが最後でその後、ご夫婦ともお見えになりませんでした。お住まいは西成区のたしか地下鉄岸里駅の近くでした。私が知っているのはこれだけです、少しでもお役に立てば、それと地下鉄玉川駅の近くの寺に何処か知りませんが寄った帰りに来られていました。英霊関係かもしれませんが、よく英霊をどうのこうのと同席のおばあさんが言ってました。三人で来られる事もよくあり、ご本人からは何かの席で部下から杯をたくさん交わしたのと、中国にいた時は小型の銃をポケットに忍ばせていた事話だけです。お役に立てば幸いです。子供の様な可愛い方でした、奥さんは怖かったけど

    ( 21:14 )

  9. 福岡貴善 | -

    管理人さま

    ありがとうございました。
    なんとか手懸かりを探してみます。
    御礼申し上げます。

    無事、本ができあがりましたらお知らせします。

    ( 16:15 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks






最近の記事