https://www.flickr.com/photos/26345438@N08/  
8641393483_313d87e7cb_z.jpg

仕事関係の方が独立をするらしいです。かなりやり手の営業マンです、今の会社も急成長しており7年ほどでかなり大きくなっています。何時ものように羨ましがっていましたが、どうも雲行きが怪しくなっているようです。社長は数億円を手にしていると思いますが閉鎖の可能性が出ています。

一から教えた幹部級のやり手の営業マンはこのチャンスで独立しますが喧嘩別れです。どちらも知っている人なので残念ですが、これもよくある話です。戦国時代と同じ様に大きな所が危なくなると内部の反乱があります。右腕のような有能な人間が最大の的に替わります。知人の中には自分がこの手で独立したので有能な社員は使わない様にしている人がいます、それでも会社を大きくしていますから立派です。

江戸時代の農民のように「百姓は生かさず殺さず様」が人の使い方だなと思います。私も経験上、有能な部下は仕事を教えるとすぐに覚えて独立していきますし、無能な部下はいくら教えても覚えません。私のようなレベルの人間は有能な部下しか使えません、無能な人間を使い仕事をさせる事が出来る人は能力が非常に高いと思います。私の会社の会長がこのタイプです、部下は無能ぞろいですが上手に使いこなします。徳川家康の「心の中に一匹の鬼を飼う」この文言をリーマンショックの時に夜中の3時頃、全店にFAXしてきました。当時、我々は文言の内容より送られてきた時間に驚いていました。会長はその後、業績悪化で片耳が聞こえなくなり、業績が回復してから退任されました。

会長は「ある画家は、桜の木の絵を描く時に冬の間に枝だけを描き、その後満開の花を描くらしい。今リストラをして枝を切ると好景気の時に満開の花は咲かない」と言って消極策はとりませんでした。


      ↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   にほんブログ村




西村友禅彫刻
「ぬくもり、安らぎ、和の心」を与えてくれる友禅彫刻の技法を駆使し、山伏の心を込めて彫り上げます。京都市「未来の名匠」認定、京都の工房、パリ出展 【西村友禅彫刻】
スポンサードリンク
関連記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



コメント

  1. なんだか、武将物の名作時代劇のような
    流れでした。
    珠玉の文章が中身を伴いながら書かれています。
    いい話です。
    たんちんさんの中には、たくさんの大切な話が詰まっていますね。
    私は、そのようなお話をいつまでも聞きたいですねww

    ( 17:53 )

  2. たんちん | YuMuKjyA

    オイルショック

    いろいろでセカンドライフさん
    褒め過ぎですよ、素直に大喜びさせて頂きます。

    ( 20:46 [Edit] )

  3. サラリーマンも戦国ですね。
    私の場合は、ころころと奉公先を変える浪人みたいな感じかな。

    ( 22:21 )

  4. 相変わらず生生しい話だな。
    独立が当たり前にある業界ではそんな感じなんでしょうね、ITは一昔前と違って独立がほとんどないので、普通に平和なリーマン社会って感じです。

    ( 23:13 )

  5. たんちん | YuMuKjyA

    来期も契約更新

    招き猫の右手さん
    勤務先も潰れる所が多いのでほとんど運です。ところで今期も何とか黒字だから来期も契約更新です。

    ( 08:05 [Edit] )

  6. たんちん | YuMuKjyA

    信用出来るのは金

    プライアさん
    この業界の基本は独立です。その時は泥沼の戦いです、その人もまた、同じ様を部下にされます。信用出来るのは金だけになります。

    ( 08:08 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks






最近の記事