nfLd5o37zDuwTSYdM8otYLfUUlGZ2zqKo-QcBXj06Jc.png 

鎌倉投信の運用報告会に行きました。HPで文章化されている事を聞くだけなのによく分かります、自分の質問や他の人の質問を聞いていると理解度が深まります。

「結い2101」は現金保有率が高く40%程度ありますが、私は単純に相場急落時の購入、解約資金やブレーキの役割だと考えていました。

大まかには近いのですが、リスク10%、リターンを4%を目標に設定しているらしいのです。過去5年のトラッキングではトピックスと同じリターンだがリスクは同類のファンドの半分らしいです。

「これで十分なんです、鎌倉投信は鈍臭いファンドなんです。お客さんとの約束のリスク10%と正味リターン4%(5%で信託報酬が1%)が出来ればいいんです」と運用責任者の新井さんが言っていたのが印象に残っています。

これは私がイメージしている資産運用に近いものです。個別株でコテンパンにいわされてた結果の方針です。

「結い2101」の現在はリスク5%です、10%するために現金比率を下げて株式比率を上げています。しかし、自分達が考えている企業価値から考えた現在の日本株の株価は高く、さらに日経平均が21000円、22000円になれば10%程度の下落ではすまない、安倍ミクス前のお客さんなら下がってもマイナスになりませんが、新規のお客さんの下落を10%以内に押さえるにはどうしたら良いかに頭を痛めているらしいです。

その対策としてトピックスの信用売りを考えているらしいです。下がればいいが、上がればリターンが相殺されて無くなります。これが平凡なリターンと非凡なリスクを目標にした考えかたでしょう。

鎌倉投信の考えに受益者が分かり易い運用をする事を掲げていますが、信用取引を胡散臭く思うのではないかと言う事で現在検討中らしいです。

説明してくれる新井さんは説明が上手く、本を出したり、NHKのプロフェショナルにも出演するらしいです。是非とも見てみたいです。共感を持ち積立額を増額しようかなあとも思いましたが、運用者が下落を心配している時に増額するも可笑しい話です。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。



西村友禅彫刻
「ぬくもり、安らぎ、和の心」を与えてくれる友禅彫刻の技法を駆使し、山伏の心を込めて彫り上げます。京都市「未来の名匠」認定、京都の工房、パリ出展 【西村友禅彫刻】

スポンサードリンク


関連記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



コメント

  1. いつも思いますけどファンドマネージャーは大変ですよね。利益を出し続けないといけないんですから。個人の投資はトントンでもOKなので、気楽なもんです。

    ( 09:13 )

  2. たんちん | YuMuKjyA

    運用

    プライアさん

    人のお金を預かるのは神経を使うでしょうね、妻のお金を運用していた時に疲れましたが自分のより成績がよかったです。

    新井さん自身の株式投資は,鎌倉投信の自社株と結い2101だけらしいです、こんな説明を受けると琴線をくすぐられます。



    ( 11:02 [Edit] )

  3. 私の運用もせいぜい平均リターン5%くらい目指しています。
    毎年何十パーセントとかそんなに上手くいくわけがないし、投資や相場にはいい時も悪いときもあるから。
    元本がそこそこあれば5%運用でも資産を減らさずに食っていけるんですよね、そのくらいを達成してリタイアするつもりです。

    ( 22:37 )

  4. たんちん | YuMuKjyA

    5%運用

    招き猫の右手さん

    5%前後が妥当なところなんでしょうねえ。
    マネーマネージャの荒井さんは週に1度会社に出社する以外は会社訪問しているらしいです、5%の運用も大変みたいです。

    ( 07:44 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks






最近の記事