3570379993_7d68eba9bb_z.jpg 

新築住宅のフリープランの打ち合わせで、お客さんの希望と合わずにキャセルしてもらう事になったが、キャンセルしてくれない。こんなケースはたまにあります、この場合は私の方からお断りしています。

お客さんは、まさか自分がお客さんだから相手から断られるとは思ってもいないらしくハトが豆鉄砲を食らったような表情になります。過去には売主と買主が同席している契約中に買主に対して断って事があります。

私が知る限りでもこの対応をする人は少なく、気の短い面倒臭がりに多いようです。断る方はまさに断腸の思いです、契約をした場合のリスクと感情、直感で決めています。

押してもダメなら引いてみな、不退転の気持ちで断ると相手の方から懇願されるケースも多くあります。そこを期待する訳ではないのですが、その場合は渋々、契約をします。その場合はトラブルになる事は少ないです。

今回もお断りして渋々、契約したましたが直ぐにお客さんの方から辞めたいと申し出があり、キャンセルの手続きをとりました。ところが又買いたいと連絡がありましたが、断りました。お客さんは諦めていませんが、

断ると必ず、貴方は正直者でいい人だとか言って褒めてくれます、営業マンで自分よりお客にいい人は長続きできませんし。噓つきではないが不都合な事は言わないから正直でもありません。

まあ、ラブホと今回の話は面白かったですがねえ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
関連記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



コメント

  1. うーん、駆け引きですねえ。人相手の仕事はその辺が大変でもあり、おもしろいのでしょうね。
    客をつけ上がらせないためにも、断り戦術は有用だと素人的には思いました。

    ( 08:58 )

  2. たんちん | YuMuKjyA

    後の苦労

    プライアさん
    辞めてもらいたいお客さんは結構いてます。私の営業力では駆け引きが出来る力はありませんねえ。

    売れ行きの悪いときに断るのは苦しいですが契約後の苦しみに比べるとまっしですz

    ( 17:09 [Edit] )

  3. 契約後に取りっぱぐれがあるリスクってことでしょうか。

    ハトが豆鉄砲食らったような顔ってよく使いますが、なかなか秀逸な言い回しですよね。

    ( 22:19 )

  4. たんちん | YuMuKjyA

    対価の分からない客

    招き猫の右手さん
    リスクはクレームです、フリープランの場合はいくらでも突っ込めますから、完成品や会話の中で求めているものが適性レベルかをお互いに判断するしかありません。ホテルの対応をゲストハウスに求める人もいてますから。

    ( 06:49 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks






最近の記事