radou2.jpg


東大阪市にあるラ道本店に行きました。このラーメン屋は一日一組の予約客だけの営業です。

関西ローカル番組「ごぶごぶ」出放映されていました。変わっているのは店舗です。住宅街の真ん中にある文化住宅の二階で外部から店が分らないように葦で隠されています。内装もご主人がニトリで買ってきて物で飾り付けしています。

今からの予約は最短で12月です、スープのみの販売は1000人分以上の予約があり、今は予約の受付も中止しています。営業時間は夜のみで、副業で始めたらしいのですが、大繁盛しているようです。

ご主人は20年以上まえからラーメンの食い歩きをして多い日は一日三杯食べて延べ3000件以上のラーメンを食べて、その食べ歩きをラーメンの道を称してラ道と呼んでいたらしくそれが、屋号になったらしいです。

ラーメンが好きでラーメン屋が夢だったのですが、ラーメン屋年間4000軒出来て4000軒潰れる競争の激しい業界なので副業で夢をかなえたらしいです。当初は光熱費用の持ち出しの趣味の店だったらしいのですが、フェイスブックで友人に無料でスープを配ってそのうち材料代だけもらっていたらしのが、口コミで全国に広がり利益も載せて売るようになるとテレビ局からオファーがあり、放映後は物凄い注文が殺到して睡眠時間も3時間くらいしかとれず、今はとにかく寝たいらしいです。

仕事が営業マンで物腰が柔らかくて、腰が低く話しに引き込まれてしまい2時間弱いました。夢は全国に店を持ち、ハワイにも出店したいらしいです。年来は40歳後半でもうじき独立されるように感じました。

帰りに夢をかなえてくださいを声とかけて帰りました。30秒ほど歩いて娘が振り向くと先ほどのエプロンとは違いスーツで頭を深々と下げて見送ってくれていたらしです。必ず夢を実現して欲しいなあ。
関連記事
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



コメント

  1. 一日一組?よく入れましたね。
    しかも2時間も長居って・・・システムがよく分かりませんけどz
    しかし隠れた名店がまだまだあるものですね。

    ( 21:52 )

  2. 1日1組はすごい。
    それは価値ありますね。
    僕も昔ラーメン屋はあこがれました、屋台ひっぱるやつに。

    僕らも料理の腕を磨いて1日限定で客を呼ぶっていうのはやったら楽しそうですね。

    ( 23:15 )

  3. こんなとこがあるんですね。
    でも次は12月かあ。
    うん、そのへんのラーメン屋でいいかな^^

    ( 00:07 )

  4. たんちん | YuMuKjyA

    趣味の世界

    プライアさん
    5月に予約していましたから、はいれました。

    今は趣味の範囲でやっているので一組限定になっています。テーブルも一つしかありません。

    ( 05:50 [Edit] )

  5. たんちん | YuMuKjyA

    招き猫の右手さん
    話術やネタもいるので、招き猫の右手さんならできると思います。私なら相当腕を上げた食事を安く出さないと出来ないでしょうね。

    ( 05:52 [Edit] )

  6. たんちん | YuMuKjyA

    プロジェクトx

    クロスパールさん
    ラーメン好きはまつみたいです、私もそこまでの通ではないのですが、夢の語りはプロジェクトxの感動と同じでした。

    ( 05:55 [Edit] )

  7. pooh | -

    すごいお店ですねぇ。
    希少価値を高めることで人気を演出する、なかなか上手い戦術です。

    パスタマシンで中華麺を作る私、このお店のスープを購入出来たら、さぞや美味しいラーメンが楽しめるだろうなぁ(^^)
    (中華麺作りについては近日記事にする予定です)

    ( 06:42 )

  8. たんちん | YuMuKjyA

    時間的制約が希少性を生んだ

    poohさん
    この主人は6時まで働いているので営業が7時半になり、そこからスープ作りやフェイスブックのコメントをしていると寝る時間が夜中3時になり出勤が8時なんで3−4時間くらいしか寝れらしい。本格的に営業して失敗する危険があるので自分自身でいけると思うまではこのままの副業でいくらしいです。

    ( 07:06 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks






最近の記事