職場のある地域では有名な生き字引の不動産社長がやってきた。社員の一人がしている不動産取引での相手がだ。恐らく初めてなので担当者を含めて会社の下見にきたのだろう。その取引では70歳過ぎの社長もでてくるが生き字引の社長(80歳過ぎ)からすると鼻垂れ小僧の扱い(この社長も癖がある有名社長なのに)

30年以上前の話がでてきて私はなんとか対応できたが、その社員は40歳過ぎでなんのことやらという感じ。そもそも私にはなんの関係もない取引だけど、歳を食っているという理由で私にも出番が来た。私もそこそこ変わり者で通っているが(この業界で長い経験のある人はみんな変人です)このお二人の足元にも及ばない、及びたくもない。

以前より噂は知っていたが、君子危うきに近寄らずを決め込んでいた。できれば一生付き合いをしたくなかった。ヤバイ系とのパイプやSNS並みの拡散能力をもっているから、触らぬ神に祟りなし。しかし、こんなのに限って、うまがあう自分が嫌だなあ、多分相手もそう思っているだろう。

仕事では古い慣習や上下関係が嫌で避けていた。面倒くさいが仕事は回してもらえるが頭を下げるのができない。次の人生があれば頭を下げた人生を歩いてみたい、向かい風はもういやだ。先日のオフ会でクロスパースさんが酒を飲まない事を聞いて次の人生があれば下戸なりたいと思った。どうやらこんな事ばかり思うのはラストが近いのだろう。

追記:今年はヤバイ系の業者がちょくちょく来たなあ。毎回同じ社員が引っ張ってくる、私はヘタレなので絶対に近寄らないのに、いつもこちらにお鉢が回ってくる。因果かなあz ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク


先日の10万円のマンションを見てきた。
グーグルアースで外観だけみていましたが鍵が入手できたので現地に行きました、パッと見た感じは古い賃貸マンションで通り過ぎてしまいました。同じようなマンションが二棟建っていて管理状態の悪い方が今回の物件です。

住民に聞いたのですが自主管理のようで会長という人がいるだけらしく、廊下には錆びたクーラーの室外機が置いてあったり程度は今まで経験した中で最悪、勇気を出して室内を見たが、これも信じられない状態。

長い不動産経験の中でも新たな発見をしたようです、誰が見ても完璧な10万円物件だ。実際には売主の希望価格は200万円だが買い手があれば無料でも処分した方が良いだろう、5000円の管理費や年間5万円程度の固定資産税もバカにならない、素人がリフォームしたら300万円、プロでも値引きしまっくて200万円はゆうにかかる。売れる価格は200−300万円だろう。諸経費がかかるからプロでも利益は出ないだろう、素人なら大損だ。

室内の空気はハウスダストの塊のようだった、畳はなく孤独死のあとのような気がした。もし孤独死があるならマイナス50万円だろう。

時間とガソリンをつかったので、何とか元は取りたい、知人の社長の英断にかけるしかないなあ。しかし、この物件の客付けは難しいだろう、福祉系の老人は二階だから無理、ロケは悪すぎでテレビの犯罪者がたむろする感じのようだ。

まるでババ抜きのババのような物件だ、それよりアレルギー性鼻炎の私はハウスダストに汚染されていないか心配だz ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク


営業マンによると10万円になる可能性のマンションがあるらしいがリフォームに200万円ほどかかるので210万円、坂があり古すぎて問題。それ以外にも200万円の家と150万円の家になる可能性の物件もある。

物件価格が安すぎると不動産業者は手間の割に少ない手数料になるからやる気無しになります。不動産業者は400万円でエンドユーザーに売りクレームになるなら業者に100万円で売りたがります。売主が嫌がったら断ることも結構あります。安い物件ほどクレームが出やすい、測量図なし、違反建築、耐震なし、潰れそう、雨漏り、シロアリ、水道配管が隣地に入っているなど無茶苦茶です。その旨を正直に売主に伝えて私もそういう物件はお断りします。

空き家問題の家などはこのケースです。古い連棟住宅の真ん中の家で裏庭に古い擁壁があり崩れの恐れあり、こんな物件を現在折衝中ですが、再販売は難しく時間がかかります。これは素人は買ってはいけません、もちろん、プロも要注意だ。

10年後はもっと安くなっているだろう、1万円の家もでてくるなあz
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



7316105766_93737c30c7_m.jpg 
https://www.flickr.com/photos/alwyn_ladell/  


今日は宅建士免許更新の講習だった。平成3年に免許を取得してから5回目かなあ。今年から宅建主任から宅建士に名称が変わったが名称変更のために協会の人たちは随分長い間、関係所管に働きかけていたらしい。

年々、重要事項の説明項目が増えて契約書関係の量が増える。詳しい説明がある方がいいが、オーバースペックのように思う、売主買主は勉強しないといけない、今ならPCで簡単になんでも調べる事ができるし、重要事項の説明書はセールスと違う専門の会社がしたほうがいい、もちろん別途費用を買主が支払ってだが。実際に購入前に建物診断を他社で依頼したりしている。

今日の講習はゾッとする話だ、重要事項の説明ミスの時効は20年らしい、会社が潰れていたら宅建士を訴えるらしい、実際に会社が潰れていたケースでは宅建士が生きている限り老人ホームまで弁護士は探すらしい。

これからも慎重に仕事をしようと思う、裁判は一度だけ調停になった。私は宅建士として当時の会社で統一された方法で説明した。結果は3000万円の物件に対して3割で900万円の損害金だった。幸い私にはお咎めなし、会社の指示通りなので当然だが、しかし会社が潰れていたら私に請求が来る可能性があった。

ブラックな会社だったがいつまでも潰れずに残って欲しい。今の会社で問題があると立場上、全て私の責任になるので個人的に賠償しないといけない。そう考えると割に合わない、そういったことも考量して仕事も資産運用もしないといけないのは面倒だ。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク


16814264308_d094f4e3d0_m.jpg 

https://www.flickr.com/photos/randar/


かぴばらMさんのブログで37歳の知人が住宅ローンを組むんで心配していましたが、私が二度目のローンを組んだのは14年前の40歳の時で35年ローンを組みました。いったい何を考えていたのか思い出しただけでも怖いです。

不動産業者である私、ミイラ取りがミイラになりかけたのです。これは珍しくなくて80%のミイラ取り達はミイラ予備軍になっています。サラリーマンから自営業になったもの達はまさにローン延滞して競売になり破産したりしてミイラになります。

セーリングがいつしか自分にも効いてしまうのです、今考えたら無謀と言うか博打のようなです。よくまあ、無事にミイラにならずに済みました、お蔭様で今も現役の気弱なミイラ取りです(罪滅ぼしに家を買ったら節約するように勧めています)。私の弟子達は毎月のようにミイラを生産しています、そのうちの一人もミイラ予備軍ですが。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク


老人向けの看護師が常在しているマンションの査定に行った。この手のマンションは分譲にはクソ高く、40㎡で管理費が4万円以上するので売るときは激安になります。

エレベーターに乗っている住民は高齢者ばかりで、降りる階のボタンを押すのも遅く、中に入ってからも上がるのか下がるのかを心配してドアを中々閉めてくれない。

老人ワールドに片足を突っ込んだ私でさえ、このペースにはイライラする。廊下で会った老婆は不審者を見るような目付きで睨んでくるし、此処だけは住みたくない。

此処に住むと10才以上は老けるだろう、ではどんな人が住むのか、相方を失って不安な人、身寄りが無いかあっても仲が悪い人かなあ。売るのに時間がかかるし、低価格で手数料も少なく業者からも敬遠される。

此処に群がるのは介護関係の利害者や無心をする肉親、カモを探す業者だろう、おっと私もそのハイエナの一味だったz
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



4892950379_3729cac182_m.jpg 
https://www.flickr.com/photos/zapeipaa/  


38歳の取引先の営業マンと世間話をしていたら、将来が不安だという。そこの会社は不動産業界では珍しく50歳代も結構いる上場会社だ。ほとんどの会社は20、30、40歳代までですから、比較的いい方なんですが成績が悪ければ2年で役員候補がヒラの営業まで落ちるらしい。役員候補の50歳代の人は再婚して子供を作り住宅ローンを110%組んでいます。年収800万円でも生活が苦しく、以前は1000万円代の給与でトントンだったのでしょう。

私から偉そうなアドバイスは、節約と貯蓄で家計簿を勧めました。私の嫁も嫌がっていたので家計簿の導入が遅れましたから、状況が良く分かります。私の時はこんな相談を年上に聞くと、独立を勧められましたがその時と比べると今の勝率は1/10程度です。

自分で言うのも何ですが、私の当たり前過ぎるアドバイスは業界では滅多に聞けないど為になったと思います。実行するかどうかは本人次第ですが、どうやら同僚たちも心配なようです。その度に節約と貯蓄の念仏を唱えます。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク



2253333636_7c593277bb_m.jpg 
https://www.flickr.com/photos/pedrosimoes7/  



最近、忘れ物をよくする。不動産の決済に印鑑証明書を忘れたり、契約に社印を忘れたり、スマホも二度忘れた。

こんな時は疲れている、好きな事をして疲れているので嫌ではないが、要注意だ。不動産の買い注文をもらったが、こともあろうか売買金額を売主と私は忘れてしまった。いったいいくらで売ると言ったのか、まだ売りにかける前でハッキリと金額は決まってなかったのだが、売主から聞いた金額を買主の仲介業者に伝えている。

仕方ないので、その仲介会社に聞くと、これまたいくらやったかなあ。調べると私からのメールで金額が判明した。売主は私の元部下、仲介会社と私は知人、仲介会社と買主は昵懇の仲。みんなよく知っている者同士で安心していてのハプニング。

知らない者同士ならこんな事にはならないのですが、なったら最悪ですz

信じられないような事があるものだz


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク


 16246527741_f90841b744_m.jpg
https://www.flickr.com/photos/127478577@N02/
空き家の家財から、当時を想像することがあります。

新婚間もなく新築住宅を買い両家を招待する、子供もできて家族が増える。幸せの絶頂期です。

残された家財は、仲の良かった頃の旅行パンフ、子供と一緒に遊んだオモチャ。

今では誰も居てません、幸せな時期はどれくらいあっとのか、室内は築年数に比べて綺麗です。

昔は飲む、打つ、買う、今は性格の不一致が多いのかなあ、売却理由は教えてくれますが原因までは教えてくれません。

豪華な結婚式、新築住宅、マイカー、憧れのツールがあっても幸せになるとは限りません。

離婚者は離婚者を軽蔑するらしく、自分はたまたま運が悪いが、他人はだらしないから離婚したと思うらしい。

これも飯の種、因果な商売です。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク


 
2459254603_6ef88e71bd_m.jpg 

知人がまた一人廃業しました、リーマンショックで融資が止められて、手持ちのお金で何とか食いつないでいましたが万策尽きたようです。

大勢の知人が廃業しました、そのうちの一人は関西でも有名な会社でした。その後はいろいろですが、暮らしぶりは激変したでしょう。高級外車、愛人、高級クラブ、毎週ゴルフなど普通では手にする事のない世界から低収入の生活。

命令する側から、される側。機嫌を取ってもらう側から、取る側へ。いち早く今の現状に対応できる人が再起も早い人だと思います。

3人のうち一人は知人からお金を借りてそのままです、その人は完全にアウトです。もう一人は抜群の人脈と度胸で新天地を切り開いています。残る一人はこれからです、この人はそんなに贅沢な生活はしていないので平凡な生活ならすぐにできると思います。

不動産業の知人はサラリーマンを含めて10人に1人ぐらいしか残っていません。今もこの業界で飯が食えているの私は強運の持ち主のようです。最近になり羨ましがられてたりしますが、以前は私が羨ましがっていました。人生は勝ったり負けたりでならすとトントンのようです。

これからの勝ち負けは健康や家族、友人との関係、人生の満足度などになると思います。特別な能力は入りません、節制、思いやり、考え方など自分でコントロールできることです。ただし、人生には上り坂、下り坂、魔坂があるので気をつけたいと思います、とくに魔坂は防ぎようがなく前触れもなく来ます。皆様、ご用心してくださいZ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
スポンサードリンク




最近の記事